デオドラントクリーム ワキガ

わきが 手術 完治

投稿日:

わきが手術を考えているけど、わきがが再発したとか完治しなかったという声をよく聞くので、わきが手術に踏み込めずにいる。

たしかに、わきが手術は保険適用外なら高額な手術になるし、手術あとが残ってしまえば、銭湯やプールなど肌の露出する場所へは行きづらくなってしまう。

リスクが高いのに、完治しないならやらない方がまし。

と、わきが手術に踏み切れていないあなたのために、今回は再発のが少なく、完治しやすいわきが手術について手術別にまとめてみました。

とはいったものの、わきが手術に完璧なものはありませんので、完治がしない可能性はあります。

しかし、一時的にわきがのニオイを改善する方法はあります。

それはこちらのデオドラントクリームを塗ることです。

詳しい説明は記事内に書いてありますのでそちらをどうぞ。

剪除法は完治する?

剪除法はワキに5cmほどの切開をして、アポクリン汗腺を取り除く手術です。

そのため、取り残しがほとんどなく、手術後も完治しやすく再発するリスクが少ない手術となっています。

わきが手術の中ではトップクラスに取り残しが少ない手術です。医者が目視で直接アポクリン汗腺を取り除くため、取り残しが少なく1回の手術で完治しやすい手術となっています。

さらに、保険が適用されるためわきが手術の費用を安く抑えられることができ、コストパフォーマンスの高い手術となっています。

レーザー治療は完治する?

レーザー治療はワキを切開せずに行う手術です。レーザーを使いアポクリン汗腺を焼いて、ワキガを治療します。

まず、レーザー治療のいいところは

ワキを切開する必要がないので、傷跡が残らないところです。また、入院する必要がないので手術をした次の日からでも仕事にや学校に通うことができます。

逆にレーザー治療の悪いところは、アポクリン汗腺を取りきることが難しく完治することが難しいということです。例えば、庭の雑草をとるとき、燃やして取ると根までは完全にとることができないのに対して、雑草の根からスコップでとる方が完全に雑草をとることができますよね。

わかりやすく言うとそんな感じです。

そして、レーザー治療は自由診療ですので保険が適用されません。つまり手術代が高額になってしまうということです。1回の手術費は8万円ほどなのですが、レーザー治療はワキガが治るまで複数回の手術を受けることが必要ですので、結果的に30万~40万円ほどかかってしまいます。

メリット

手術あとが残らない

入院の必要がない

デメリット

アポクリン汗腺を取り除くことが難しく完治しにくい

保険が適用されない

超音波

超音波での治療は、ワキに数ミリの切開をしてそこから専用の器具を通して、超音波によりアポクリン汗腺を焼き、吸引する治療法となっております。

この超音波治療のいいところは、切開跡が小さいということです、数ミリの切開ですので目を凝らしてよく見ないと気づくことができません。また、超音波で焼くため、吸引だけの治療よりはアポクリン汗腺をより確実に取り除くことができます。

逆に超音波治療の悪いところは、医者が直接目視で行う手術ではないので、取り残しがありワキガが完治しない場合があります。また、超音波でアポクリン汗腺を焼くため、皮膚に水ぶくれができてしまう可能性があります。

そして、この超音波治療も、さきほどのレーザー治療と同様に自由診療ですので保険が適用されません。治療費については15万~30万円ほどかかってしまいます。

メリット

切開跡が小さい

吸引法よりも確実にアポクリン汗腺を取り除くことができる

デメリット

取り残しがある場合がある

保険がてきよう適用されない

 

ボトックス注射

ボトックス注射は発汗の原因であるアセチルコリンの分泌を抑制してくれます。

ワキガ臭はアポクリン汗腺から出る汗の中に混ざっている成分が皮膚に存在する常在菌に分解されたときに出るニオイです。

そのためボトックス注射を打つことで発汗を抑えワキガ臭を防ぐことができます。

ボトックス注射のいいところは、注射を打つだけで治療が終わるところです。

他の手術は切開をしてそこからアポクリン汗腺を取り除くのですが、ボトックス注射は注射を打つだけですので、5分程度で治療が終わってしまいます。切開することも、長い手術を受けることもないため体の弱いお子さんや、時間のない方に非常におすすめの治療法となっています。

逆に悪いところは、アポクリン汗腺を取り除くわけではないので、1回注射をしてから5か月ほど経ってしまうと注射の効果が切れ、ニオイが戻ってしまいます。

そのため、何度も注射を打たなければいけないのが難点です。

また、一回の注射の費用は数千円から数万円の間なのですが、回数が増えていくとその分だけ費用が重なってしまい結果的に高額な治療費となってしまいます。

メリット

注射を打つだけの簡単な治療

デメリット

5か月ほどで効果が切れてしまう

回数を重ねると高額な治療費となる

手術をせずともワキガを改善したいなら

とはいったもののワキガの手術は失敗するリスクが非常に高く、手術をした後でもニオイが残ったり黄ばみが治らなかったりすることがあります。

また、ワキガ手術が失敗したときの一番つらいことは、手術跡が残ってしまうことです。

手術跡が残ってしまうと、銭湯やプールなど肌を露出する場所へ行くことに抵抗ができてしまいます。そして、その傷は一生残ってしまいます。

しかし、手術をしなくてもワキガを抑える方法があります。

あくまでワキガを抑える方法ですので、完全に治るわけではありませんがワキガを抑えることができるので安心して人前に出ることができるようになります。

そして、その気になる方法とは

「薬用ネオテクト」を使用することです。

「薬用ネオテクト」はニオイの原因菌を99.999%殺菌してくれるデオドラントクリームで、ワキガの悩みをダイレクトで抑えてくれます。

手術とは違って、完全にワキガが治るわけではないのですが、いろいろなリスクを考えるとこれが一番リスクなくワキガを抑えることができます。

薬用ネオテクトはニオイの原因菌を99.999%殺菌

薬用ネオテクトは殺菌成分と制汗成分のダブル成分でで臭いの根本的な原因となる汗を抑えて清潔な状態をキープします。

また、お肌に優しい天然植物由来エキスを配合していて、この植物成分エキスが原因菌を殺菌しニオイをストップさせてくれます。

酸化防止剤、紫外線吸収剤、着色料、香料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤などは一切使われておらず、低刺激でお肌に優しい作りとなっております。

薬用ネオテクトで多くの人がワキガの悩みを解消

あんなにしつこかったワキガが、薬用ネオテクトを使用して改善したという声が非常に多いです。

いくら、お風呂に入っても、食生活を改善してもニオイが変わらなかったのがこれ一本で治ってしまったのです。

手術費をかけず、また手間をかけず、これを塗るだけで治るなんて...

利用者の声としては

「寝る前につけると、次の日に汗をかいても一日中臭うことがなかった。」

「塗って数時間経過して結構汗をかいたのに、いつもの脇汗のニオイはしなかった。」

周りの方がどんどんワキガのニオイから解放されています。

今までは人前でニオイを気にしていたのに、今はそれを気にすることなく普通に生活をしているわけですね。

あなたも、ニオイを気にすることのない生活を手に入れてみませんか?

>>>薬用ネオテクトでニオイを改善する!

>>>薬用ネオテクトを詳しく見る!

-デオドラントクリーム, ワキガ

Copyright© レンたる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。