胴長短足で愛くるしい姿にアーモンド型の輝く目と鋭い鼻が特徴的で世界から人気が高いダックスフンドについて紹介していきたいと思います。


ダックスフンドの名前の由来

congerdesign / Pixabay

人気のダックスフンドの原産国はドイツです

ダックスフンドの名前の由来はドイツ語のアナグマを表すダックス(Dachs)と、を表すフント(Hund)を合わせた「アナグマ犬」を意味します。巣穴の中にいるアナグマを狩る目的で手足が短く改良されたと言われています。

「ダックスフント?」それとも「ダックスフンド?」

それは原産国のドイツでは文節末尾はdのため英語ではダックスフンド。ドイツではdを濁すためダックスフント。しかしどちらにせよ愛称はやっぱりダックスですよね!

 

ダックスフンドの種類

ダックスには大きさによって3種類あります

スタンダード 体重9~12キロ    胸囲35cm~

ミニチュア    体重3.5~5キロ   胸囲30cm~35cm

カニンヘン    体重  ~3.5キロ   胸囲~35cm

一番街で見かけるのはミニチュアダックスフンドですね。カニンヘンダックスはなかなか聞きなれないですよね。日本での飼われてる全犬種の中で1.9%と珍しい犬種で、ミニチュアダックスフンドは約10%でトイプードル、チワワに次ぐ人気の犬種です。

 

気になる性格は?

好奇心旺盛で元気モリモリ!

非常に活発的な性格です。もともと狩猟犬だったため、警戒心が高く何かあるとすぐに吠えたりしてしまいますが、とても賢く環境に順応していくのが得意なのでしっかりとしつけをすれば、飼い主さんに懐いていきます。



また毛質によっても性格が異なり、スムースは人懐っこいが頑固で負けず嫌い。ワイヤーはやんちゃな反面協調性に富む。ロングは大人しく友好的で甘えん坊な性格と言われています。

 

ご飯の量は?ドッグフードの量と絶対与えてはいけない食べ物

スタンダード、ミニチュア、カニヘンによって食べる量が異なります。ドッグフードの裏に記載している通りにあげるのがいいでしょう。特に肥満を気にする飼い主さんは獣医さんに聞くのが一番いいでしょう。

与えてはいけない食べ物

ついついジーッと見られて人間の食べ物をあげちゃいたくなりますよね?しかし人間の食べ物はとても高カロリーで犬には負担が大きいのです。なかでも絶対にあげてはいけない食べ物を紹介します。

ネギ類(玉ねぎ・長ねぎ)

魚介類(タコ・イカ・エビ・貝類など)

刺激物(唐辛子・からし、わさび、胡椒カレー、香りの強いもの)

硬い骨(鶏の骨や魚の骨)

菓子類(チョコレート・ケーキ・飴など)

加工品(かまぼこ・魚肉ソーセージ・ハム・こんにゃく)

その他(たけのこ・椎茸・ピーナッツなど)

 

気を付けたい病気は?

椎間板ヘルニア

ダックスフントには限らないですが胴長短足ということで腰への負担が大きい犬種です。活発で飛び跳ね走り回るダックスフントですが椎間板ヘルニアに陥ってしまうケースがとても多いです。椎間板ヘルニアになると足が麻痺し自力で排尿や排便ができなくなります。対処としては①家の中がフローリングであれば絨毯を敷き滑らない地面を作る②段差を減らす(特にソファ・階段)③ジャンプをさせない。④太らせない。これらを守れば椎間板ヘルニアに陥る可能性をかなり下げることができます。好奇心旺盛なダックスフントはジャンプしがちですが飼い主さんはジャンプをさせないようにしつけをしましょう。

どんな手入れが必要?

トリミング

ダックスフントはトリミングを特に必要としない犬種です。長くても丸刈りでも対応できます。

ブラッシング

毎日のケアで必要なのはブラッシングです。抜け毛やフケ、ノミなどを落とすのはもちろんですが皮膚を刺激することによって血流を良くして新陳代謝を上げ皮膚病への予防にもなります。

ダックスフントはブラッシングを好まない犬種ですので小さい頃からブラッシングをして慣らしてあげるのがいいです。

耳掃除

ダックスフントは大きく垂れた耳が特徴です。なので通気性が悪く他の犬種より耳に汚れが溜まりやすいです。子犬の場合は犬用の綿棒でイヤーローションをつけて掃除してあげてください。成犬の場合はフィンガーコットンで同じくイヤーローションをつけて掃除してあげてください。頻度は週に1回程度で最初は嫌がりますが段々と気持ちよくなって慣れていきますのでしっかり手入れしてあげましょう。

歯磨き

犬のお手入れで難関なのはやはり歯磨きです。口を開けられるのも物を入れられるのも苦手なワンちゃんが多いです。しかしこの歯磨きを怠ってしまうと歯石などが溜まっていき歯周病などになってしまいます。歯磨きへの道のりはまずは口の周囲を触って慣れさせ少しずつ口を開けさせる練習をしましょう。できたら褒めてあげましょう。歯磨きができてきたら、犬用のスケラーなどで歯石をとっていきましょう。


 

有意義に過ごせる生活環境は?

たくさん遊んであげましょう

上記で述べた通り、ダックスフントは好奇心旺盛で活発的で元気いっぱいな犬種です。飼い主と遊んだり1人で遊ぶのも好きです。なので毎日1時間程度の散歩はするようにしてたくさん走り回らせてあげるのがいいでしょう。

負けず嫌い

豆知識ですが飼い主はダックスフントと遊ぶ際には負けてはいけません。例えばおもちゃの取り合いなのでワンちゃんが勝ってしまうと優越感を覚え飼い主を下にみる可能性が高く言うことを聞かなくなるかもしれません。ですのでしつけなどさせるためにも飼い主は必ずワンちゃんとの遊びに勝つことが大事です。負けず嫌いなダックスフントに負けないよう頑張ってください!


まとめ

ダックスフンドの購入を考えている方は家の中を少し変えてあげなければいけません。

①床がフローリングであれば絨毯に

②なるべく段差を少なくする

③走り回るスペースを確保する

この3つを満たしていればまず椎間板ヘルニアに陥る可能性は低くなるでしょう。

元気いっぱいで活発的なダックスフンドを子犬の頃からしっかりとしつけ、できるだけ家を空けずに毎日1時間程度の散歩をしてたくさん遊んであげることが大事だと思います。